面倒なサラダ作りをラクにする方法6つ【野菜を食べたい人へ】

サラダ作りのコツ

食卓に彩りがほしいかな。サラダがちょうどよさそうだけど、作るのはちょっと面倒なんだよな…。

サラダ作りは気が引ける、といったお悩みにおこたえします。

この記事の内容
  • おいしいサラダとは
  • サラダ作りを楽にする方法6つ

ナビするのはサラダに夢中なkamai(@kamaivege)です。

kamai
kamai

会社員として働く中、週3回以上はサラダを作って食べており、SNSを通して発信したレシピ数は250を超えました。このブログでは、サラダ作りに関するハウツーやレシピを紹介しています!

サラダが好きで頻繁に食べている私でも、いまだに面倒だなぁと感じる部分があります。サラダに思い入れがない方にとっては、なおさらでしょうか。それに、疲れているときは気が回りませんよね。

食卓のバランスってみなさんは考えますか?丼物、定食が茶色くなろうとも、野菜メインのサラダはみずみずしさと彩を添えてくれます。そんなサラダは「あったらうれしい」けど、「なくても成り立つ」存在。野菜はとりたいけど、わざわざ作らないという方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は私が実践している”ちょっとめんどくさい”を解消する方法をご紹介します。日頃の食事にサラダを取り入れられるようになりますよ。

それではいってみましょう!

サラダのおいしさは素材と調理の手間で決まる

どうしてレストランで食べるサラダがおいしいのか?その要因は素材の良さだけではありません。手間がかかっているからです。

レストランであっても野菜を収穫してすぐにサラダを提供して出せるとは限りません。時間が経った野菜はどうしてもしなびるので、水にひたすなどして鮮度を取り戻します。パリッとした野菜は、繊維をつぶさないようにカットされ、彩りよく盛り付けられる。サラダを活かすドレッシングをかけて、お客さんであるあなたのもとへ。

プロの料理人が手間暇をかけて出されるのが、レストランのサラダなんです。

つまり、こんなふうに捉えることができます。

サラダのおいしさ = 素材の良さ × 調理の手間

素人の私が、日頃から手間暇かけて作るのなんて無理だよ〜。

そんなふうに思っちゃいますよね。ただ、調理に手間をかけるといってもさまざまな手段があります。ここでは「調理の手間」をどうにかしてラクにしながら、そこそこおいしいものを作る方法について紹介します。

サラダ作りを楽する方向性

調理の手間を楽にするには、どうしたらいいでしょうか?面倒に感じるサラダ作りを楽にするため、2つの方向性で考えます。

  • 調理しない(手間をかけない)
  • 調理するが、簡略化する(手間を軽くする)

調理しない(盛りつけるだけ)

1つの方向性は、調理済みのものを手に入れて、いっそ自分は手間をかけない!という割り切ってしまう方法です。

こちらは、なんでもいいからとりあえずサラダを食べたい方にオススメです。

こんなあなたへオススメ
  • 料理をしている時間はないが、野菜は食べておきたい
  • さっさとサラダを食べたい

ここでは2つ紹介します。

  • 宅配サラダを使う
  • カット野菜を使う

【お手軽度★★★】宅配サラダを使う

宅配のサラダを使う方法です。

基本的には調理済みのため、盛り付けて味をつけるだけなどすぐに食べられます。

温めて食べるホットサラダなら、鮮度を気にせず食べることができます。

わたしが試したのは、GREEN SPOON(グリーンスプーン)のホットサラダです。Amazonや楽天のサラダ分野で1位を獲得している人気商品です。

価格が割高になるというデメリットはあるものの、料理時間の確保が難しかったり、料理に苦手意識をお持ちの方であれば、選択肢として有力候補になると思います。

食べた感想や使い勝手など、詳しくはこちらの記事をどうぞ。

  • お高い宅配サラダってどうなの?サブスクもできるGREEN SPOONのホットサラダ【商品レビュー】

【お手軽度★★★】カット野菜を使う

市販のカット野菜を使う方法です。

料理なのに火を使わず、熟練の技を問われないという点では、料理初心者であっても作りやすいのがサラダです。そんなサラダづくりにおいて、一番ネックになってくる(手間がかかる)のが「野菜を洗うこと」なんですよね。より詳しくいえば「洗ったあと水切りするのが面倒」ではないでしょうか?

サラダにとって水気は大敵。素材がよくても水気でドレッシングが薄まるなど、完成度が落ちてしまいます。

洗うのが面倒なら、おうちで洗わなければいいのです。つまり、そもそも洗浄済みのものを調達します。ここで使えるのがカット野菜です。

大根ベースの和風サラダ系などバリエーションがあります。数種類の野菜がミックスされているものがほとんどで、少量多種を揃えるのが難しい一人暮らしにとってはありがたい存在です。

洗われているだけではなく、食べやすくカットされているため、あとは食べるだけ!気楽に野菜が摂取できる便利アイテムのひとつですね。

調理するが、簡略化する

もう1つ目の方向性は、アイテムを活用したり考え方を切り替えるなどして手間を抜く方法です。

こちらは、自分でサラダを作りたい方向けです。

こんなあなたへオススメ
  • どうせ食べるなら、出来合いのものではなく好みで野菜をチョイスしたい
  • サラダを頻繁に食べたい
  • サラダを大量に食べたい

材料費だけを見ればカット野菜は高くついてしまうため、頻繁・大量に食べる場合は調理する選択肢が入ってくるかと思います。

ここでは4つ紹介します。

  • サラダスピナーを使って水切りをする
  • サラダのベースは複数食まとめて作っておく
  • 調理器具に頼る
  • 野菜1つで作る

【お手軽度★★☆】サラダスピナーを使って水切りをする

調理の手間をラクにするため、サラダスピナーを使う方法です。

カット野菜とは違い、調理していない野菜を洗っていきます。ここでは、調理アイテムに頼ります。それは「サラダスピナー」です。

サラダスピナーはボウルにザルが入っており、ハンドル付きのフタと共に使う調理器具です。サラダづくりで活躍する、万能アイテムのひとつですね。ボウルで水洗いしたら、ザルでざっくりと水切り。その後、ハンドルをぐるぐる回せば水を吹き飛ばせる仕組みです。

遠心力を使って水を飛ばすため、単純なザルの水切りよりも水気が切れます。

9割は水を飛ばせますが、入り組んだ野菜には水気が残っています。そこで水気を拭き取るのがキッチンペーパーですね。サラダの仕上がり(美味しさ)に差が出てくるため、あわせてキッチンペーパーを使うのをオススメします。

私が使っているサラダスピナーについてはこちらで紹介しています。特に一人暮らしさんにおすすめです。

  • 一人暮らし向けのサラダスピナーとおすすめポイント5つ

【お手軽度★★☆】サラダのベースは複数食まとめて作っておく

サラダのベースとなる葉もの野菜は、複数食をまとめて作っておくという方法です。

というのも「洗って」「切って」「盛りつける」というだけでも、毎食やるのは手間がかかります。そこで、調理1回で2〜3食分用意してしまうのです。

小皿に取り分けてラップしたら、冷蔵庫で保管。それすら面倒なら、サラダスピナーごと冷蔵庫保管でもOKです。

次に食べるときは、洗って水切りをする必要がありません。お皿にパッと野菜をとってすぐに食べられる状態になっているのです。「あらかじめ作っておく」というよりは、「ついでに作っておく」ニュアンスです。

ただし、注意点があります。

サラダは生もの同等です。清潔な状態で作って冷蔵保存するとしても、家庭では雑菌が繁殖してしまいます。日をおかず速やかに食べることをオススメします。

カットした野菜は断面から傷み、変色していきますので、時間がたったものは見栄えとしてもよくないです。

水気のある野菜であれば、作り置きはおすすめしません。

水分量が多い野菜は食べる直前にカット、盛りつけすることをオススメします。

例えばトマトなら、内側の種部分(とろんとしたところ)が流れ出すことで、他の野菜が水っぽくなってしまいます。

【お手軽度★☆☆】調理器具に頼る

調理器具に頼るという作戦です。

特に野菜のカットでは有効です。包丁では手間がかかって難しい作業ってありますよね。薄切りや千切り作業も、スライサーを使うと手軽に行えます。

専用の調理器具をそろえなければいけないことや、洗い物が増えることがマイナスポイントです。ただ、調理に自信がない方やどうせ作るなら簡単に済ませたいという方は、持っておく価値はあるかと思います。

薄切り、千切りに関してはサラダの質も上がるので、スライサー一式は持っておくと便利です。

サラダ作りで使える調理器具については、こちらで紹介しています。

  • プラスワンで料理をアシスト!サラダ作りに必要な調理道具

【お手軽度★☆☆】野菜1つで作る

最後は、野菜1つでサラダを作る方法です。

とことん簡単に作ります。というのも、面倒だと感じるポイントにレシピを探したり、レシピ通りに何工程も追って作ったりすることがあげられます。

そこで、作るならとことんシンプルに作ろうというのがこちらのコンセプト。材料は1つ。そしてサラダの味付けをするだけ。これでも、立派なサラダ1品が作れます。

詳しい作り方はこちらをどうぞ。

  • 【罪悪感にさようなら】大マジメに野菜1つで作れる簡単サラダ【ルールは3つ】

【まとめ】生活スタイルにあう方法を試してみよう

この記事では、サラダ作りを楽にする方法6つを紹介しました。

  • サラダのおいしさは「素材の良さ × 調理の手間」で決まる
  • 調理器具の活用や作り方のコツをおさえて調理の手間を抜くことで、サラダ作りを楽にできる
  • いっそ調理をしないなら2通り
    • 宅配サラダを使う
    • カット野菜を使う
  • 調理の手間を抜くなら4通り
    • サラダスピナーを使って水切りをする
    • サラダのベースは複数食まとめて作っておく
    • 調理器具に頼る
    • 野菜1つで作る

完璧に作ろうとするのではなく、できることから取り入れるとサラダ生活が続きますよ。自分にあったスタイルを見つけてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

片付けをスムーズにしたい方へ

作る以上に面倒なのがあと片付け。料理するのはいいけど、片付けがラクになればな…という方は多いのでは?油汚れ対策を中心としてこちらにまとめています。

  • 面倒な油汚れに負けない!サラダ作りを苦にしない洗い物対策4つ

サラダ作りにお悩みの方へ

「どうせ作ってもおいしくできない…」とお悩みの方にはこちらがおすすめです。

  • 知らないうちに損してる!?サラダを美味しくするのに欠かせない3要素

コメント

タイトルとURLをコピーしました