知らないと大変!レンジを使った鶏ささみの下ごしらえ方法【爆発を阻止】

サラダ食材・調味料
料理初心者さん
料理初心者さん

サラダにささみを入れたいけど、作り方がわからないな。

既製品のサラダチキンって独特の風味があって苦手なんだよな…。

でも、タンパクな鶏肉をサラダに取り入れたいし、作れないかな?

こんなあなたにむけて、ささみの調理方法をお伝えします。

この記事の内容
  • 鶏ささみとは?
  • 鶏ささみ 下ごしらえの仕方

ナビするのはサラダに夢中なkamai(@kamaivege)です。

kamai
kamai

会社員として働く中、週3回以上はサラダを作って食べており、SNSを通して発信したレシピ数は250を超えました。このブログでは、サラダ作りに関するハウツーやレシピを紹介しています!

栄養バランスを考えると、サラダは野菜だけではなくタンパク源を入れたいもの。そこで、よく食べているの鶏ささみについて、下ごしらえの仕方をご紹介します。

ささみの下ごしらえができるようになれば、サラダに限らず食卓のレパートリーが増えますよ。

それではいってみましょう!

鶏ささみとは?

ささみは鶏肉の部位のひとつで、胸肉の内側に含まれる部分です。

スーパーで見かけることの多い、胸肉・もも肉に比べると、たんぱく質が多くカロリーは低め。ダイエットなどでイメージされる方も多いかもしれません。その分、ジューシーさは劣るため、貧相な味わいにならないような工夫を施すのがポイントです。

胸肉に近い肉質ですが、ささみでは鶏皮がないことから家庭での廃棄部分が少ないのもメリットのひとつです。(個人的には鶏皮のブヨブヨした部分が苦手なので、こちら大事なポイントなんです…!)

鶏ささみ 調理の流れ(簡単を第一優先)

それでは、作り方について見ていきます。

大きな流れはこの3ステップです。

  1. ささみの筋取り
  2. ささみに細工を施す
  3. ささみを加熱

一般的な加熱方法は主に3パターンあります。

  • レンジで温め
  • 茹でる
  • 焼く

今回は、手軽に作る方法を紹介します。

「焼き」は火加減の調整が難しく、「茹で」は調理時間が長くなりやすいことから、レンジ調理を選びます。

鶏ささみ 調理方法(詳細)

用意するもの

食材と調味料
  • 鶏ささみ(1パック3本程度)
  • 酒(大さじ1の少量でOK)
調理道具
  • まな板
  • 包丁
  • ビニール手袋
  • 耐熱容器

耐熱容器はHARIOの保存容器を使っています。ガラス製なのでニオイが移らないところが気に入っています。Mサイズ(600ml)でささみ3本が並べられる大きさです。

生肉を手で触ることにやや抵抗があるため、ビニール手袋を使っています。気にならない方は、なくてもOKです。

ささみの筋取り

今日のメインにして、一番のポイントである「筋取り」をやってみましょう。筋取りは3ステップです。

  1. 筋を見つける
  2. 筋に沿って包丁を入れる
  3. 包丁の背で身から筋を引き剥がす

① 筋を見つける

まずは、ささみの筋を見つけます。

筋は肉に包まれる形で長細い形に沿って潜んでいます。ささみをさまざまな方向から見て、白い線状のものを探します。

左側から中央にかけて走る白い線状のものが筋です

② 筋に沿って包丁を入れる

筋に沿って包丁を入れます。

上側・下側の肉から切り離し、筋を浮き立たせます。筋の全容が見えればOKです。

ポイントは筋の姿をイメージすることです。包丁を入れる回数が少なく、鮮度を落とさずに済みます。とはいえ、肉に埋もれた筋は探り当てるのが難しい場合もありますので、少しずつ包丁を入れて様子を伺ってみてください。この作業が、慣れが必要なステップかもしれません!

切れ込みを入れることで、身と一体になっている筋を剥がしやすくします。この誘導があることで、次の動作③につながります。

③ 包丁の背で身から筋を引き剥がす

身から筋を引き剥がします。

利き手(右手)に包丁を持ち、逆の手(左手)は筋を持つのが基本ポーズです。

筋が持てない場合(筋の出ている部分が短い場合)は、身と筋を包丁の腹で少しだけ切れ込みを入れて筋の持ち手を確保してくださいね。

筋が下になるポジションとなるように裏返します。筋をしっかりと持ちながら包丁の背を筋に押し当てて、ゴリゴリとゆっくり身をこそぎます。

途中まで身をこそいだ様子
(撮影のため、包丁は一時的に置いてます)
うまくいかないときは?

うまくいかない一因は、筋が身の部分と一体になってしまっていることにあります。

筋を確実にとるため、最初は②の包丁を深く入れましょう。身が分断してしまうかもしれませんが、筋は取れます。

慣れてきたら、段々と包丁の入れ方を浅くしてみてください。この時、筋の位置をイメージしながら包丁を入れることを心がけます。すると、ささみ肉に対して最小限のカットを入れられるようになります。

他の要因としては、ささみの状態もありえます。このあたりは個体差なので、何度か試すことで感覚を得てくださいね。

筋取りの方法はこの他にもあります。

包丁ではなくフォークを使う方法は試しましたが、身が崩れる・筋と身が離れずに身がごっそり持っていかれることが多かったです。不器用な型でも包丁の方がやりやすいと、個人的には感じました。

ささみに細工を施す

おいしく安全に作るため、温める前にひと手間を加えます。

  • 穴をあける
  • 酒をふる

穴をあける

ささみにフォークなどで穴を開けます。

理由は、加熱時の爆発を防ぐためです。ささみは薄い膜がはっており、加熱すると肉から水分が出てきて膨れあがります。そして耐えられなくなると爆発してしまうんです…!!

これを知らないうちは、たびたび爆発させていました。

kamai
kamai

レンジから急に「ボンッ!!」という爆発音が!こわすぎる…。

レンジの中で起きるので実害はありませんでしたが、危ないです。忘れずに、穴を開けてくださいね。

酒をふる

ささみにお酒をふります。

量は、ささみがお酒をまとう程度でOKです。(ささみ3本に対して大さじ1あれば十分です)

お酒をふるのは2つ理由があります。1つは臭みを消すため、もう1つはふっくら仕上げるためです。

ささみをレンジで加熱

ささみの準備ができたら、レンジで温めます。

  1. 600Wで1分半
  2. ひっくり返して、さらに600Wで1分半
  3. 火の通りを確認する
  4. (火が通っていなければ)10秒ずつ加熱していく

① 600Wで1分半あたため

3本程度なら、600Wで1分半あたためます。

うっすらと熱が入ります

② ひっくり返して、さらに600Wで1分半あたため

レンジは熱の入り具合にムラができます。そこで一度ささみをひっくり返してから、さらに600Wで1分半あたためます。

③ 火の通りを確認する

全体3分で火が入っているはずです。できれば、いちばん大きなものをカットして火の通りを確認します。

外側も内側も同じ色ならOKです。

内側がピンク色なら、まだ加熱が必要なので火を通します。

④(火が通っていなければ)10秒ずつ加熱していく

さらにレンジで温めます。

温めすぎると、干からびてパサパサになってしまいます。長めに加熱するよりも、短めに加熱して足りなければ少しずつ加熱する方がおいしさをキープできます。

できあがり!

長らくお疲れさまでした!ひと手間かけて、ささみのできあがりです。

片付けのコツ

お肉からは水気が出てくるので、キッチンペーパーなどでときどきふき取ってください。

筋取りが終わってささみを耐熱容器に移し終えたら、その流れで片付けると汚れ最小限で済みます。ビニール手袋をしたままペーパーで筋をつかんだら、くるりん。ひっくり返したらそのまま生ゴミへどうぞ。

作るのはやっぱり面倒…という方へ

作ってみたけど、やっぱり手っ取り早く食べたいな。

こんなあなたはパウチタイプの購入もありです。

さまざまな味を楽しめるのも、魅力のひとつです。

作り方を説明しといて、商品を紹介するのかい!とのツッコミ、聞こえます。(笑)

ただ、パウチタイプや既成のサラダチキンといったできあいのものは独特のニオイがあることが多いです。気にしすぎとは思いますが、私の場合ニオイで食欲が失せてしまうのです。多少の手間はかかってもささみは自作しています。

最初は手間に感じていましたが、ささみ作りに慣れてからは添加物を気にせずにできたてが食べられるようになりました。

既製品の風味が気にならない方は、ぜひパウチの利用も検討してみてください。圧倒的に時短です。

【まとめ】ささみでサラダにタンパク質をプラスしよう

今回はささみの作り方を中心にご説明しました。

この記事の内容
  • ささみは野菜サラダにプラスしやすいタンパク源
  • 作り方は3ステップ
    1. ささみの筋取り
    2. ささみに細工(酒ふり、穴あけ)
    3. レンジで加熱(途中でひっくり返す)
  • 味わいが気にならなければパウチ利用もあり。時短の特典付き

最初は筋取りに手間取るかもしれません。わたし自身、コツをつかむには5〜6回ほどかかりました。「動画などを見るとカンタンそうにやるよな〜。。」と思ったものです。しかし、慣れれてしまえばスルスルとできますよ。

ご自宅でやってみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

【関連】鶏ささみを使ったサラダ

ささみを使ったサラダは、こちらで紹介しています。

  • 弾けてピリリ!鶏ささみのマスタードサラダ【サラダレシピ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました