使いこなせてる?サラダを格上げするトッピングの選び方【オススメは4つ】

サラダ作りのコツ

サラダに使えそうなトッピング、いろいろ買いすぎちゃったな。使いかけのものがたくさん……。

そんなあなたの悩みに、おこたえします。

この記事の内容
  • サラダトッピングの役割
  • スタメンとなるトッピングを選ぶポイント
  • サラダ好きオススメのトッピング3選

ナビするのは、サラダに夢中なkamai(@kamaivege)です。

kamai
kamai

会社員として働きつつ週3以上はサラダを作り、SNSで発信したレシピ数は250を超えました。このブログでは、サラダ作りのハウツーやレシピを紹介しています!

サラダづくりでさまざまな食材を試す中、誰でも簡単にサラダをワンランクアップできる!そう思えたアイテムが、トッピングでした。

世には趣向を凝らした食材が出回っており、あれこれ試している方も多いと思います。それゆえ、

手持ちが増えちゃって使いこなせない……。

なんてことありませんか?

この記事では、使いこなせるトッピングを手持ちから厳選するコツと、万能なおすすめトッピングを紹介します。

自分だけのお気に入りトッピングを使えると、食事の満足度を上げつつ、在庫管理の煩わしさが軽くなりますよ。

サラダトッピングの役割

手持ちのトッピングを厳選する前に、そもそもトッピングの役割について考えてみます。

トッピングは、サラダにアクセントをつけるもの。無個性なサラダが表情あるものに生まれ変わることができます。

おもに、3つの側面があります。

  1. 食感をプラス
  2. 色味をプラス
  3. 風味をプラス

食感をプラス

サラダトッピングの役割1つ目は、食感をプラスすることです。

野菜サラダの場合、みずみずしさを感じるものが多いです。

生野菜
  • シャキシャキ
  • ポリポリ
  • ほりほり

生野菜を扱うだけに、食感はかたよりがちです。そこで、トッピングでほかの食感を加えます。

トッピング
  • クリスピー系(カリカリ、サクサク)
  • しっとり系
  • ほろほろ系

はじける食感や口の中でほぐれる食感。野菜では表現できない食感をプラスすると、味わいが豊かになります。

色味をプラス

サラダトッピングの役割2つ目は、色味をプラスすることです。

生野菜の場合、4色に分類されるものが多いです。

生野菜
  • 緑=グリーン系(レタスなどの葉野菜、キュウリ、ブロッコリー)
  • 白=ホワイト系(ダイコン、タマネギ)
  • 赤=レッド系(トマト、ニンジン)
  • 黄=イエロー系(アボカド、パプリカ、コーン)

じゅうぶん鮮やかではありますが、野菜にはない色味を足せばさらに幅を広げられます。

トッピング
  • 茶=ブラウン系
  • 黒=ブラック系

風味をプラス

サラダトッピングの役割3つ目は、風味をプラスすることです。

生野菜で出せない味わいをプラスしてくれます。複雑さが出て、味に奥行きが出せます。

そうとなれば、いろんなトッピングを使いたいな!

ここからは、トッピングを選ぶポイントについて整理したいと思います。

スタメンのサラダトッピングを選ぶポイント

好きなもの選べばよくない?

kamai
kamai

うん、そうなんだけど、捨てがちなのがトッピング食材なんだよね。

サラダトッピングといえば、サラダに華を添えるような脇役の存在です。のせる料理を選んだり、食べきるには難しいものも含まれます。

それゆえ、登場の機会が多いトッピングを選ぶことをおすすめしたいです。

ポイントとしては、使いみちをサラダに限定しないこと。こんな切り口で考えると、選びやすいです。

  1. サラダトッピング以外に使い道があるか?
  2. 使い切れるか?
  3. 日持ちするか?

サラダ以外に使い道があるか?

1つ目のポイントは、サラダ以外に使い道があるかどうかです。

おもにこんな基準で判断しています。

  • 単品で食べるか
  • さまざまな料理で使えるか

単品で食べられるならOK。そもそも、食材1つで楽しめれば、サラダを食べずとも登場シーンが大いにありますからね。トッピングは塩味や旨味が強いものが目立つため、おやつ・おつまみとして成り立つのです。

さまざまな料理で使えるかという観点もあります。単品で食べられなくとも、さまざまな料理で使えれば用途は広がります。

たとえば、王道トッピングのクルトンと人気のフライドオニオンですが、料理の使い道でいうと限定的です。

トッピング単品で食べるか他料理で使えるか
クルトン×△:スープ
フライドオニオン××

もちろん、他に使い道がないとはいいません。ただ、日ごろから食べる自らの姿がパッと思い浮かぶでしょうか?

絞り出さないと考えつかないようなものは、どうしても棚の肥やしになりがちです。1軍に入れるのはオススメしません。

kamai
kamai

好きでたまらない!という方は、もちろん召し上がってくださいね。

使い切れるか?

2つ目のポイントは、一度に使い切れるかどうかです。

1回分の使い切りパックなら、開封してそのまま使えばおしまい。鮮度を気にしなくて済みます。

お買い得な大容量パックはお手頃かもしれません。しかし、特にひとり暮らしの方は使い切るのが難しいです。使い切れずに捨ててしまうのなら、もったいないですよね。

日持ちするか?

3つ目のポイントは、日持ちするかどうかです。

この手のトッピングは、未開封であれば数か月〜1年持つものもあります。期限にシビアにならなくていいのです。

ストックしたものを使いたいときに使える手軽さは、サラダ作りのあと押しになりますよ。

こうなると、どんなものを選んだらいいかわかんないな……。

kamai
kamai

迷っちゃいますよね。ここからは、わたしが愛用しているトッピングを紹介するよ。

オススメのサラダトッピング 3選

取り入れやすいオススメは、こちらの3つです。

  • ナッツ
  • オリーブ
  • ペコリーノ・ロマーノ(ハード系チーズ)

ナッツ

1つ目はナッツです。

いちばんの魅力は、カリカリッとした食感です。生野菜や他の食材では、まず生み出せないんですよね。

また、香ばしい風味が出せます。ナッツそのままより、くだくことでその風味は広がります。

ナッツといっても、さまざまな種類があります。

  • アーモンド
  • くるみ
  • カシューナッツ

お好みのナッツがあれば、なにか1つ選んでよし。ミックスされているタイプは、複雑な風味になりますよ。

相性がいいのは、ベビーリーフなどの食感がやわらかいサラダです。ナッツのカリッとした食感がコントラストを生みます。

ナッツは、サラダで使わなくても、おやつ・おつまみとして食べられます。乾物なので、小分けのパック売りでも、ジッパー付きの大袋でも、保存状態をさほど気にしなくていいのもうれしいです。

オリーブ

2つ目はオリーブです。

苦味が特徴ですが、一般に塩漬けされており塩味要素もあります。

グリーンとブラックの2色がありますが、マイルドなのはブラック。サラダにないカラーをプラスできる、やや不気味な存在ですが、間違いなくアクセントになります。

こちらもちょっとしたおつまみに最適です。

ただし、種ありのタイプは切り出さなければいけず、実がボロボロしがちです。もとから種ぬきのもの、さらには輪切りされたものは便利です。見た目も遊びが出ますよ。

ペコリーノ・ロマーノ(ハード系チーズ)

最後は、ペコリーノ・ロマーノです。

長期熟成されたハード系のチーズで、羊のミルクからできています。

滑らかに削れるグレーターでチーズをすりすり。すると、広がる豊かな香り……。白雪が降ったような見た目は、洗練された雰囲気になります。

kamai
kamai

ひとたび、高級店のような一皿ができあがります!

チーズ自体に塩気があるため、サラダの味付けは塩ひかえめでOK。旨みもプラスされるので、野菜サラダにはもってこいです。

ほかにもサラダに合うチーズについては、こちらにまとめました。

  • サラダ好きが選ぶ!サラダにプラスしたいチーズの3種の特徴と使い方

【比較】王道とオススメのサラダトッピング3つ

先にあげた王道トッピング(クルトン・フライドオニオン)と、オススメのトッピングを比較してみます。

3つのトッピングは、使いみちが幅広いことがわかります。

トッピング単品で食べるか他料理で使えるか
クルトン×△:スープ
フライドオニオン××
ナッツ○:おやつ、おつまみ○:ヨーグルト、炒め物
オリーブ○:おつまみ○:パスタ
ペコリーノ・ロマーノ○:おつまみ
※塩気に注意
○:パスタ、前菜

万能なサラダトッピング

なんでも使えるトッピングってない?

こんな方には、ミックスされたトッピングがおすすめです。

PATFUTTE フライドオニオン&ナッツ|ピエトロ

わたしがよく使っているのは、ピエトロPATFUTTE(パットフッテ)からフライドオニオン&ナッツです。

フライドオニオンとナッツを中心に調味料が混ぜられている、サラダ用のトッピングです。

  • フライドオニオン
  • ひまわりの種
  • かぼちゃの種
  • アーモンド
  • 松の実

これらの食材にうま味調味料が混ぜられているので、シンプルなサラダでも一気にあじわい深くなります。

kamai
kamai

フライドオニオン単品だと使いにくかったのですが、こちらは食感や風味に奥行きが出るので「万能トッピング」として使ってます。

レタスメインのグリーンサラダに合います。野菜だけだとサッパリしすぎますが、トッピングがコクをプラスしてくれます。

【まとめ】お気に入りのトッピングを見つけてサラダをおいしくしよう

この記事では、サラダのトッピングについて紹介しました。

この記事の内容
  • トッピングを使うことでサラダに「食感・色味・風味」をプラスできる
  • スタメンのトッピングを選ぶポイントは3つ
    • サラダトッピング以外に使い道があるか?
    • 使い切れるか?
    • 日持ちするか?
  • これらを満たすトッピング例3つ
    • ナッツ
    • オリーブ
    • ペコリーノ・ロマーノ
  • 万能なトッピングを1つ選ぶなら、ミックス系のトッピングが使える

いつものサラダをワンランクアップさせて、おいしいサラダを作ってみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【関連】サラダに食感を加えたいなら

サラダ食材を工夫することで、歯ざわりをよくできます。食感を意識したサラダづくりについて、こちらにまとめました。

  • シャキシャキぽりぽり!歯ざわり豊かなサラダ野菜【食感の宝庫】

コメント

タイトルとURLをコピーしました