まだドレッシングかけてるの?サラダが化けるハーブソルトの魅力と愛用オススメ品3つ

サラダ食材・調味料

サラダはいつも同じドレッシングで食べていて飽きちゃった。ドレッシング以外の便利な調味料ってないのかな?

こんなあなたの悩みに、おこたえします。

この記事の内容
  • 万能調味料「ハーブソルト」の特徴
  • オススメのハーブソルト3つ
  • ハーブソルトの代用方法

ナビするのは、サラダに夢中なkamai(@kamaivege)です。

kamai
kamai

会社員として働く中、週3回以上はサラダを作って食べており、SNSを通して発信したレシピ数は250を超えました。このブログでは、サラダ作りに関するハウツーやレシピを紹介しています!

生の野菜がメインのサラダでは、味つけが欠かせません。ドレッシングやマヨネーズ。サラダを食べるなら、サラダに使える調味料を常備している人は多いはず。

ただ、食べ疲れることってありませんか?市販のものは添加物が入っていたり、味が強かったり……。

そこでこの記事では、おすすめしたいハーブソルトを紹介します。

絶えず新しい製品が発売され、無数に存在する調味料。お目当てを見つけるのに骨が折れますよね。そんな調味料さがしの旅からも解放されます!

基本の調味料であるお塩にフレーバーがついたものなので、すぐ料理に活かせます。10年以上は使ってきた親しみのあるアイテムを、体験談をもとに紹介しますね。

ハーブソルトとは

ハーブと塩の調味料

ハーブソルトとは、名前のとおり、ハーブとソルト(塩)で作られている調味料です。

サラダチキンの「ハーブ味」といえば伝わるかもしれません。ハーブの風味をベースに、塩味を効かせる調味料です。

ハーブは特定の品種を指すわけではありません。例えば

  • バジル
  • ローズマリー
  • オレガノ
  • ディル

など、さまざまな種類のハーブが含まれます。総称して「ハーブ」とくくられているのです。

よって、一口にハーブソルトといっても味わいはさまざまです。

さまざまな商品を見かけるけど、ハーブの種類はものによって違うんだね。

ハーブのチョイスや分量は、作り手によって異なります。○○料理向きといった傾向はあるものの、作り手の個性や想いが込められた調味料、それがハーブソルトです。

ハーブソルトの特徴(メリット)

ハーブソルトの特徴といえば、香りです。

サラダに不足する香りをプラス

ハーブソルトは、ひとふりするだけで豊かな香りをプラスしてくれます。

たとえば、生野菜を中心としたサラダは、香りが立ちにくい料理です。そのままのレタスやトマトなどの野菜は、加熱料理と違って、口にする前から香りを感じることって難しいように思います。

その点、香り高いハーブが嗅覚をグイグイ刺激してくれます。ハーブソルトはサラダの味気なさをカバーします。

サラダがドレッシングに主導権を奪われない

香りが立ちにくいサラダは、あわせる調味料でバランスが大きく左右されます。

ありがちなのが、ドレッシングをドボドボとかけること。こういう味付けではサラダ全体を支配してしまい、野菜の味を楽しむのが難しくなります。

ごまドレッシングの香ばしい風味、レモンドレッシングのさわやかな風味。

たっぷりかければしつこく、少なすぎてもサラダとして成立しません。濃いめに作られているドレッシングは、分量に気をつけたとしても生野菜とバランスをとるにも正解が見つけにくいように思えます。

サラダ野菜の味が薄くて、ドレッシングを食べている気分になったことがあるよ……。

一方で、ハーブソルトは野菜を引き立ててくれます。かといってハーブらしさは埋もれることなく、野菜と両立してくれるんです。ハーブも植物の一種だからか、野菜と共生してくれるのかもしれません。その点、謙虚なんですよね。

サラダにおけるハーブソルトの使い方

それでは、どんなふうに使えるかサラダでの食べ方をもとに見ていきましょう。

サラダ用なら「オリーブオイル・お酢」とあわせる

サラダなら、オリーブオイルお酢をあわせます。

これはドレッシングを自作するイメージです。ドレッシングの要素は3つあって

  • オイル
  • ビネガー

ハーブソルトは、塩の要素です。ハーブが加わると旨味もプラスされるため、調和するんですよ。

詳しい使い方はこちらで紹介しています。(塩をハーブソルトで代用すればOKです)

  • たった3つでできる基本ドレッシングの作り方【+αでレシピなしでもサラダ味変】

サラダでの使用例

具体的にどんなサラダとあわせるかというと、旨味系の食材が入ったものがおすすめです。肉や魚、きのこ類ですね。

コクのある動物系の食材は、ハーブの香り高い風味が良さをグッと引き上げてくれます。

こちらのサラダは相乗効果を狙っています。

  • ハーブソルト(ハーブミックス+塩)+マッシュルーム
  • ハーブソルト(ハーブミックス+塩)+ラム肉

ハーブソルトの商品

ハーブソルトの魅力にとりつかれていくつか試してきたものの中から、3つ紹介します。

  • クレイジーソルト
  • シーズニングソルト ハーブミックス|カリス成城
  • 海のハーブソルト|place 花やしき

クレイジーソルト

1つ目はクレイジーソルトです。

ハーブが入った万能調味料といったらコレ!というほど、知名度は高い商品ですね。

アメリカで生まれたこの商品、1980年ごろから日本に輸入されて親しまれている商品です。スーパーでは比較的お目にかかります。

使われているハーブとスパイスはこちらの6種類です。

  • ペッパー
  • オニオン
  • ガーリック
  • タイム
  • セロリ
  • オレガノ

必要最低限とも取れる6種類をセレクトされています。(このあと紹介するハーブソルトは、もっとハーブの数が増えます)特定のハーブが悪目立ちすることもなく、絶妙なブレンドです。

シーズニングソルト ハーブミックス|カリス成城

2つ目は、カリス成城のシーズニングソルト ハーブミックスです。

商品について話す前に、カリス成城さんについてご紹介です。成城学園に本店を置き、全国に展開しているハーブ専門店。ハーブの他にも、身近なコスメ用品も取り揃えていることからご存知の方はいらっしゃるかもしれません。

乾燥ハーブの取り揃えは250以上。(!)ハーブ商品としてはハーブティーがおなじみかなと思うのですが、ラインナップの1つにあるのが調味料なんです。そう、ハーブ屋さんのハーブミックスとなれば安定感は抜群です。

使われているハーブとスパイスはこちらの9種類です。

  • ブラックペッパー
  • ガーリック
  • オレガノ
  • マジョラム
  • セージ
  • タイム
  • バジル
  • ローズマリー

”シーズニングソルト”という名称からうかがえるとおり、塩+スパイス(ブラックペッパー・ガーリック・ジンジャー)をベースに、ハーブを配合した形です。旨味重視のブレンドですね。

生野菜にふりかけて食べるだけでも味気なさを感じさせない。というのも、ガーリックのおかげなんでしょうね。とはいえ、さまざまなハーブがブレンドされているため、ガーリックの角が立つということはありません。豊かな香りなんです。

こちらのハーブソルトを知ったきっかけは、母が使っていたからなんです。10年以上も前から使い続けていまして、味わいと使いやすさが気に入っているんだと思います。

kamai
kamai

母だけでなく、わたし自身が気に入って使い続けています!

海のハーブソルト|place 花やしき

3つ目は、place 花やしきの海のハーブソルトです。

自由が丘をはじめとする都内に数店舗を構える雑貨のセレクトショップ・BASIC AND ACCENTさんで取り扱いがあり、試してみたのがきっかけです。

使われているハーブはこちらの10種類です。

  • バジル
  • パセリ
  • セージ
  • マジョラム
  • タイム
  • セロリ
  • オレガノ
  • オニオン
  • ブラックペッパー
  • ガーリック

先ほどのシーズニングソルトとは違い、スパイスよりハーブの分量の方が多く、やさしい印象を受けます。なにか1つが際立つわけでもなく、ブレンドされて複雑な香りが生み出されています。

BASIC AND ACCENTさんはOEM販売しているせいか、オリジナルの商品とはラベルが異なるようです。

ハーブソルト 配合の傾向

今回、紹介した小規模のメーカーさんの商品に対して、大手食品メーカーのハーブソルトをいくつか比較してみたところ、こんな特徴がありました。

  • ハーブは5〜6種類
  • 砂糖や旨み調味料が含まれている

大手メーカーさんのものは、大量生産に伴いハーブの種類を厳選せざるをえない?状況や、多くの人の口にあわせるように味が調整されているのでは?という傾向が見てとれました。

ハーブソルトは自作できる?

ハーブと塩でできた調味料なら、自分で作れちゃうんじゃない?

こう思う方もいらっしゃるかと思います。

この問いの答えは

自分で作れるか?
  • 作れる。でも、フレッシュハーブから作るには、コストが高くつく

です。

自作できるがコストが高くつく

「手間暇がかかる」といった意味で、ハイコストにつながる要素は3つあります。

  • 生のハーブは傷みやすい
  • 生のハーブは購入ルートが限られる
  • ブレンドが難しい

生のハーブは痛みやすい

1つ目は、ハーブの傷みの速さによるところです。

繊細な植物であるハーブは、生のままでは傷みが早いです。しなしなとしおれてきたり、鮮やかな緑も変色したりと、劣化しては味も香りも落ちてしまいます。

傷みの早いハーブをすみやかに処理するには、適切に乾燥させるなど手がかかります。

生のハーブは購入ルートが限られる

2つ目は、ハーブの品ぞろえによるところです。

ハーブ料理が大衆的なヨーロッパに比べて、日本ではメジャーとはいえません。食べたことがある方は多くとも、日常的にハーブを使っている家庭はまだまだ少ないと思われます。

kamai
kamai

スーパーで見かけるようになりましたが、種類をそろえるのはまだまだ難しいですね。

ブレンドが難しい

3つ目は、ブレンドの難しさによるところです。

生のハーブの入手が難しい一方、乾燥ハーブはスパイスコーナーは確保されていることが多く、手に入りやすいです。生に比べると保存がきくため、ハーブ好きの方はそろえるのもアリです。ただ、香りや味が独特なハーブを複数ブレンドするのは難しいです。

ハーブソルトの代用方法

ハーブミックスで代用できる

専用の調味料を持ちたくないんだよな〜。

どうしてもハーブソルトを持ちたくないなら、ハーブミックスで代用するのがおすすめです。ハーブソルトから塩を抜いたもので、プロがハーブをブレンドしてくれたものです。

エルブ・ド・プロバンス|マスコット社

ハーブミックスでオススメなのは、マスコット社のエルブ・ド・プロバンス(HERBES DE PROVENCE)です。

含まれるハーブはこちらの9種類です。

  • ローレル
  • ローズマリー
  • セイボリー
  • オレガノ
  • バジル
  • マジョラム
  • フェンネル
  • パセリ
  • タイム

ガーリックやジンジャーがない分、グリーンのハーブが前面に出ます。ローレルやローズマリーから感じるとおり、生よりは焼き系の料理が似合う印象です。

生野菜だけで食べるには割と強めなんですよね。

kamai
kamai

特にローズマリーにあたると、口を持っていかれます。笑

サラダでは、焼き野菜やお肉をメインにすると食材が引き立てられます。「ハーブミックスは個性のある食材と食べる」のが最適解のひとつだなと思っています。

ハーブソルトの保存方法

密封容器で常温保存

保存は、密封できる容器に常温保存するのがおすすめです。

密封容器である理由は

  • 湿気

の問題があるからです。

湿気の少ない冷蔵庫で保存するのがいいんですが、管理が難しいです。というのも、冷蔵庫を開け閉めするタイミングで結露が発生してしまいます。すると、水滴がハーブソルトにわたって腐る原因になってしまいます。

kamai
kamai

クレイジーソルトのようにカバーで覆われているパッケージだと、中身が見えず不安ですよね。虫被害は避けたいところ……泣

よって、密封を前提に「常温保存」が管理しやすいです。

【まとめ】ハーブソルトを使って香り高いサラダを作ろう

この記事では、万能調味料のハーブソルトを紹介しました。

この記事の内容
  • ハーブソルトは生野菜では出せない「香り」が特徴
  • ハーブソルトは「ハーブミックス+塩」で代用する
  • クレイジーソルトもハーブソルトの一種。好みにあわせて商品を選ぼう

サラダに不足しがちな香りの要素を足してくれる調味料がハーブソルトです。

ハーブはスパイスと並んで幅広い世界ですが、この1アイテム持つだけでオシャレな一面も見せることができます。中でも、カリス成城のハーブソルトはやさしい味わいで、はじめのひとつにはオススメです!

パターン化しがちなサラダに変化を持たせて、食卓を彩ってくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【関連】ハーブについてもっと知りたいなら

数え切れないほど存在するハーブを知りたいなら、専門書で知識を得るのがおすすめです。料理での使い方など、実用性の高い本を中心にまとめました。

  • 解説!初心者からベテランまで楽しめるスパイス・ハーブの本

【関連】ドレッシングをお探しの方へ

そうはいっても、やっぱりドレッシングが便利なんだよな〜。

こんなあなたには、こちらをどうぞ。おすすめ品をそろえました。

  • 買い物で失敗しない!サラダ好きが選ぶおすすめのドレッシング【レビュー】

コメント

タイトルとURLをコピーしました