じゅわぁほっくりでほっこり。焼きズッキーニとラム肉のサラダ

おうちサラダ

「サラダは味気ない」の一言で片付けてしまうのは、損しているかもしれません。

メインディッシュに添えられたサラダ、食卓の彩としてのサラダ。これも立派な役割なんですが、そうじゃない姿があったとしたら?

野菜だけのサラダがすべてではないんですよね。物足りなさの原因は、野菜に出せないコクの存在です。それをドレッシングでなんとか埋めようとすれば、どこかさみしさを感じるかもしれません。

ぽっかりと空いてしまった穴を補うのは、お肉の存在です。

中でも気に入っているのがラム肉です。

「臭くないの?」と思われる方はマトンと勘違いしているかもしれません。子羊のお肉であるラムなら、やわらかく臭みを気にしたことは今のところありません。(わたし自身、においに敏感な方なので少しでも獣臭いと即KOなんです…!)

・・・

ラム肉は、ケールと食べたり

ルッコラをどさっとかけたり

豪快に食べることが多かったもので(これはこれでおいしいのですが)、今日はきちんと一皿に仕立ててみようの作戦です。

食材たち

食材:ラム肉・ズッキーニ・かぼちゃ・マッシュルーム・スプラウト・サニーレタス
調味料:オリーブオイル・酢・ハーブミックス・塩

作ってみます

食材を準備する

  • サニーレタス:ひとくちサイズにカット
  • かぼちゃ:薄切り

火の通りをよくするため、3mm程度の薄めにしています。

  • ズッキーニ:厚切り

水分を閉じ込めてジューシーに食べたいため、1cm程度のやや厚めにカットしています。

  • スプラウト:根元をカット
  • マッシュルーム:濡れたペーパーで汚れをふきとっておく
  • ラム肉:焼く直前に塩で下味をつける(この後焼いていきます)

焼く

  • ラム肉:オリーブオイルをひいたフライパンへ
  • ハーブミックスをぱらぱら
  • 縁の色が変わってきたらひっくり返す

・かぼちゃ・ズッキーニ:続いてフライパンで焼く

盛りつける

  • サニーレタスをこんもり
  • ラム肉をこんもり
  • スライサーでマッシュルームをすりすり
  • かぼちゃをぱらり
  • ズッキーニをごろり
  • スプラウトをぱらり

仕上げ

  • オリーブオイルをたらり

焼いたお肉と野菜がオイルをまとっているため、控えめでOKです。

  • 酢をたらり
  • 塩をパラパラ

いただきます

噛みしめるとじゅん…って漏れ出るエキス。ズッキーニには水分が閉じ込められていてなんじゃコレは…状態。

ほくっと、甘みが口に広がるのはかぼちゃ。全体的にワイルドなんですけど、野菜ならではの甘みをガツンと投入してくれています。

レタスと一緒に食べるから、甘みがより際立つ。お酢も入ってきて、一口でこのバランス〜。いやあ、我ながらいい出来です。(笑)葉野菜としてはケールの選択肢もあったものの、サニーレタスでよかったです。マットよりみずみずしさの方が今日は正解だったようです。

焼き野菜はマリネするのも考えたんですが、グリルそのまま!で豪快にいくスタイルでよかったです。

ほどなくしてラム肉とご対面。ズッキーニとは違ったじゅわぁっという広がり方に驚きます。かといってコテコテの脂って感じじゃないんですよね。ゴクリと飲み込んだら、もうひとくち!と進む箸。うまい。

にしてもこのラム、筋感が最低限で本当においしい。柔らかすぎずかみごたえはそこそこある弾力。好きすぎる。お肉の脂身が苦手なんですが、このラムに限ってはいけちゃいます。

ふんわり乗ったレタスをややつぶしながら、がっちゃんこして楽しんで。ラムとマッシュルーム。

今日のナンバーワンを決めるとすれば、ズッキーニ。ひいき目もありますが、ハーブをまとったじゅわぁ加減がたまらなく好きでした。でも、コレ、レタスの上にズッキーニ乗せただけでは絶対にモノ足りないんですよね。ラムやかぼちゃあってのズッキーニ。ということで、みんなに特別賞を。

ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました