見映えもおいしさも!フルーツ入りのサラダ【サラダに合う果物は?】

サラダ作りのコツ

SNSでフルーツ入れてるサラダって見かけるけど、あれっておいしいの?おいしいなら作ってみたいな。

こんな疑問におこたえします!

この記事の内容
  • フルーツの入ったサラダの特徴
  • 取り入れやすいフルーツとサラダ例
  • サラダにフルーツを取り入れるコツ

ナビするのは、サラダに夢中なkamai(@kamaivege)です。

kamai
kamai

会社員として働きつつ週3以上はサラダを作り、SNSで発信したレシピ数は250を超えました。このブログでは、サラダ作りのハウツーやレシピを紹介しています!

フレッシュであざやかなサラダは、食卓にあるとそれだけで華やぎます。中でも、目を引くのがフルーツ入りのサラダです。

野菜や肉が中心のサラダに、フルーツって入れるのってどうなの?抵抗感がある方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事ではサラダにフルーツを取り入れるアイデアを紹介します。

フルーツを上手につかえば、食事のレパートリーが増えて、しゃれた料理も作れるようになりますよ。

フルーツ入りのサラダ 最近の傾向

フルーツ(くだもの)の入ったサラダがなぜ注目されているか?といえば、最近のトレンドからわかります。

キーワードは映え健康志向です。

① 写真・動画映えする

1つ目のポイントは、フルーツが写真・動画映えすることです。

イチジクの入ったデパ地下サラダ

果実を食べることの多いフルーツは、野菜よりもみずみずしく鮮やかなことが多いです。フルーツって、そこに存在するだけで目を引かれるんですよね。

フルーツ柄のデザインや雑貨があるくらい、かわいらしさは惹かれるよね。

kamai
kamai

たしかに!野菜の雑貨もかわいいけどな〜。笑

② ビタミンが取れる

2つ目のポイントは、フルーツに含まれるビタミン類が豊富ということです。

健康志向が高まる昨今、サプリやビタミン剤を使って足りないものを補給する方もいますよね。

フルーツをサラダにやみくもに入れては、失敗しやすい

かといって、野菜ベースのサラダにいきなりフルーツを入れると失敗しやすいです。

いい例が、以前わたしが作ったサラダ。

レタスをベースに、カーリーケール・アボカド、そしてキウイを入れたフルーツサラダです。

kamai
kamai

グリーン1色にしたら、映えるかな?

そんなアイデアで入れてみたものの、全体的にケンカしておいしいものではありませんでした。笑

続いて、こちらのサラダ。カブをベースに、緑のトマトと紫のかいわれ大根、そしてブルーベリーを入れたフルーツサラダ。

こちらもやはり、ケンカ勃発!思いつきでは、おいしく作れませんでした。笑

kamai
kamai

適当にフルーツを入れてもおいしく作るのは、難しかったです……。

サラダに取り入れやすいフルーツ

ただ、こんな調子のわたしでも奇跡的にうまくいったフルーツがありました。それは、柑橘系のフルーツを入れたものです。

柑橘系のフルーツ(オレンジなど)

こちらは、カブに柑橘の「たんかん」を混ぜたサラダ。

たんかんとカブのサラダ

オリーブオイルとバルサミコ酢で和えただけのものでしたが、うまいこといったんですよね。

たんかんには柑橘の酸味がありつつ、弾ける実に甘味を秘めていました。その味わいが、フルーティーなバルサミコ酢や根菜のカブに合ったんですよね。

kamai
kamai

野菜はもちろん、調味料も含めて一体感を出すのが大切だとわかりました。

サラダにフルーツを取り入れるコツ

しかし、フルーツ入りのサラダは一般的ではないと感じます。

サラダにフルーツを入れることに対してどんな印象を持ちますか?

わたしの身の回りに聞いてみたところ

サラダにくだもの入れるなんて、イヤだな〜。

SNSでは見かけるけど、食べたことないかな。

このように、否定的な意見や一部の人が食べるイメージが多かったです。

甘みが中心のフルーツは、おかずとして取り入れるのに慣れていないんですよね。そんなサラダにフルーツを取り入れるコツは、フルーツの甘みを生かした味付けです。

フルーツ果汁を活かす

フルーツは「じゅわっ」と果汁たっぷりなのが特徴。それゆえ、フルーティーな果汁を生かす味付けがポイントです。

相性がいいのはバルサミコ酢。お酢といえば酸味が強い調味料ですが、熟成で生まれる甘みはフルーツと合わせやすいのです。

  • 【酸味嫌いで損してるかも?】サラダにあうバルサミコ酢の魅力と使い方

口にしやすいのは慣れ親しんだ味

なんせわたし自身、サラダにフルーツを入れることにまだまだ抵抗感があります。ただ、ひとつだけ食べられるフルーツサラダが。セロリとりんごのサラダです。

なぜ食べられるかといえば、幼いころから母親が作ってくれたため。慣れ親しんだ、思い出の味なんです。

りんごとセロリのサラダ

「野菜とくだもの」という違和感を抱く前に、口にしていたんです。要は、食べ合わせどうこうより慣れの問題なんですよね。

身近な例が酢豚です。「酢豚にパイナップル」に最初は驚いても、食べ慣れればおいしいと感じるもの。(苦手という方もいらっしゃいますが)フルーツの甘味と、ほかの食材をあわせる料理って存在します。

食わず嫌いを貫くのではなく、意外な組み合わせを楽しむくらいの気持ちが大切なのかもしれません。

【おすすめ本】フルーツサラダのレシピが知りたいなら

そうはいっても、組み合わせが思いつかないな。

こんなときは、サラダ本がおすすめです。

「フルーツのサラダ&スイーツ もっとおいしい組み合わせで」では、フルーツのサラダレシピが20ほど載っています。

この記事を書くきっかけになった本、料理家の小堀紀代美(@likelikekitchen)さんが手がけています。

こんな人におすすめ
  • デパ地下のお惣菜サラダが好きな人
  • 意外な組み合わせの料理でもチャレンジしたい人

【まとめ】フルーツを取り入れよう

この記事では、フルーツを取り入れたサラダを紹介しました。

この記事の内容
  • フルーツの入ったサラダの特徴
  • 取り入れやすいフルーツとサラダ例
  • サラダにフルーツを取り入れるコツ

なにかひとつでも取り入れると、食事のレパートリーがグッと広がりますよ。探してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【関連】サラダレシピや作り方のコツがわかるサラダ本

そのほか、サラダ本はこちらで紹介しています。

  • レシピとコツがわかるおすすめのサラダ本

コメント

タイトルとURLをコピーしました