おいしさ変わる?やってはいけないサラダの盛り付け方と対策【センスじゃなくてコツ】

サラダ作りのコツ

適当にサラダを作ると、おいしそうに見えない…。

映えなくってもいいから、せめて普通のサラダが作りたいな。

この記事では、そんなあなたのお悩みにおこたえします。

この記事の内容
  • 盛り付けの重要性
  • やりがちなNG盛り付け方法3つと対策
  • 盛り付け上手への近道

ナビするのはサラダに夢中のkamai(@kamaivege)です。

kamai
kamai

会社員として働く中、週3回以上はサラダを作って食べており、SNSを通して発信したレシピ数は250を超えました。このブログでは、サラダ作りに関するハウツーやレシピを紹介しています!

いまでこそSNSを通じて作ったサラダ情報を発信していますが、サラダ生活が定着し始めた当時は「料理が得意!」とはいえない腕でした。ましてや盛り付け方はパッとしませんでした。

しかし、この1年で300を超えるサラダを作る中で「見た目そこそこ」のサラダを作れるようになりました。そこで今回は、わたしの実例(before/after)を交えながら、盛り付けでまずおさえるべきポイントを紹介します。(やや恥ずかしいですが身を捧げます…!)

安心してください、300近くサラダを作ってくださいとは言いません。(笑)必要なのはセンスではなく、コツを知っているかどうかです。あなたにはすぐにでもレベルアップしてもらえたらと思います。

やってはいけないポイントをおさえるだけで、今日からでも「見た目そこそこ」のサラダを作れるようになりますよ。

それではいってみましょう。

盛り付けの重要性

盛り付けのコツを考える前に、わざわざ盛り付けに着目する理由について考えたいと思います。

あなたの目の前に料理があるとします。どうやって「おいしいか」判断するでしょうか?きっと、五感を使うと思います。

  • 見た目(視覚)
  • 香り(嗅覚)
  • カトラリーで料理を触った時の感覚(触覚)
  • 噛み締めた時の音(聴覚)
  • 舌で感じる味わい(味覚)

五感をフルに使って味わうのって幸せですよね。お腹を満たすだけではなく、心も満たされて満足感を得られます。

では、料理を食べられない状況はどうでしょうか。テレビや雑誌でグルメ情報を探しているとき、写真越しで料理を見るかと思います。この場合、使える五感は限られます。

  • 見た目(視覚)
  • 香り(嗅覚)
  • カトラリーで触った時の感覚(触覚)
  • 噛み締めた時の音(聴覚)
  • 舌で感じる味わい(味覚)

お気づきでしょうか、視覚しか残っていません!「食べたい!」という食欲が刺激されるのは視覚がつかさどっているといっても過言ではありません。

料理を目の前にして真っ先に入ってくる情報である見た目は、食欲を左右する重要なポイントになります。

では、見た目にはどのように気を配ったらいいでしょうか。担うのは料理の最終段階である盛り付けなのです。

まずは「加点を狙う」より「減点をおさえる」

盛り付けのテクニックといえば、例えばこんなものがあります。

  • 野菜のカットを工夫する(飾り切り)
  • 小物をそえる(ナプキンや装飾用の葉を使う)
  • うつわを工夫する(高級なブランド食器を使う)

え、こんなこと普段からできないよ…!

そう、家庭料理ではレベルが高いですよね。

レストランで出される料理は、華々しく盛られているイメージがあるかもしれません。でも、この加点テクニックは高等テクニック。いわば、応用編です。

盛り付けに悩むあなたが注力するポイントはそこではありません!

基本をおさえる

様にならないから盛り付けがうまくできるようになりたいという方は、加点より減点をおさえましょう。その方がずっとカンタンです。

裏を返せば、基本をおさえず応用に走ると、収拾がつかないことになってしまいます。家を建てる時、外壁の塗装にこだわる前に、基礎をおろそかにしていたら崩れてしまいますからね。基礎をおさえるのが先です。

やってはいけない盛り付け(3つ)

ここでは、サラダでやりがちなNG盛り付けを見ていきましょう。

NG例は、わたしが一人暮らしを始めたころにはりきって作った(はず)のサラダたちです。
お恥ずかしいですが、変化を感じてもらえれば幸いです。

① 大きな食材を盛りつけてしまう

1つ目のやってはいけない盛り付けは、ごろりと大きな食材をお皿に盛り付けてしまうことです。

【トマトの場合】

  • ミニトマトをそのままのせる
  • 大玉トマトをくし切りにしてのせる
存在感たっぷりのくし切りトマトとオリーブの粒

こうすると、印象・味わい・食べやすさの点でマイナスです。

課題
  • ミニトマトだけが目立ってしまう、幼い印象になる
  • くし切りのトマトはダイナミックどころか雑な印象になる
  • 食材ひとつが際立ってしまい、サラダに溶け込まない(味の一体感がなくなる)
  • シンプルに食べづらい

おいしそうかどうかの印象だけではなく、実際に味わいもイマイチなんです。どうしたらいいでしょうか?

対策:ひとくちサイズにカットする

野菜のサイズが「大きい」ことが悪因です。そこで、小さくカットします。サイズ感としては一口で食べられるサイズを目安にしましょう。

トマトはくし切りをさらに半分、オリーブはスライスに
ゴツさが消えます

必ずしも大きい具材が悪いわけではありません。アメリカ発祥のコブサラダのように、ゴロゴロとした具材感を楽しむサラダもあります。

② 均等に並べてしまう

2つ目のやってはいけない盛り付けは、規則性をもって並べてしまうことです。

【ゆで卵の場合】

  • 等間隔で並べる
  • 同じ向きに並べる
たまごが四方に並んでしまっています

そもそも、サラダ自体が不規則な見た目の料理です。そこに、規則性を持ち出してしまうと作り物のような違和感がわいてきてしまいます。

課題
  • 規則的に並べてしまうと単調になる(つまらない見た目になってしまう)

対策:円や正方形を描かない

正方形や円など、整った図形を描かないように、ズラしながら配置します。

たまごの配置を微妙にズラしています

③ 1つの食材が集中してしまう

3つ目のやってはいけない盛り付けは、1つの食材をお皿のあるエリアに集中させてしまうことです。

【ミニトマトの場合】

  • あるエリアに食材が集中してしまう
がんばって作ったはずのハヤシライス、
サラダに乗ったミニトマトの存在感に気を取られてしまう。。笑
課題
  • 食材が並んでいるだけで、サラダというより「野菜の盛り合わせ」になる
  • 野菜を単品で食べる形になりがちで、味の変化が楽しめない

対策:食材はお皿に分散させる

食材はお皿全体に散らして配置してあげます。

上達の近道はおいしそうなサラダをマネすること

ここまであげた”やってはいけない”盛り付けをおさえるだけで、イマイチさは軽減できてくるかと思います。

とはいえ、造形が変わるサラダには正解がありません。あるとすれば、作り手が思い描く「おいしそうなサラダ」に近づけることにあります。

そこで、おいしそうなサラダをイメージして盛り付けしていくことこそ、レベルアップの近道です。

そうはいっても「おいしそうなイメージ」がわかないよ。

そんな方は、Instagramのハッシュタグ検索がオススメです。#サラダレシピ では、料理家さんによる完成フォトが多くのせられていますよ。(#サラダ では一般的な食卓風景がヒットすることが多いので、#サラダレシピの方がオススメです)

眺めていれば、これいいかもと思うものがひとつは見つかるはず。それがあなたの目指すおいしいサラダです。

【まとめ】盛りつけ60点を狙おう

今回の記事では、やってはいけない盛り付けと対策を中心にご紹介しました。

この記事の内容
  • やってはいけないことは単調にすること。回避のため以下を心がける
    1. 食材はひとくちサイズにカット
    2. 向きや配置はランダムに
    3. お皿全体に食材を散らす
  • いいな!と思ったサラダを参考に、マネしてみる

食材は変えずとも、盛り付けひとつで雰囲気が変わります。まずはNGポイントを避けて、合格ラインの60点を目指して見てください。少しの変化でもサラダを食べるときに気分が上がりますよ。試してみてくださいね。

ちょっとしたものでもステキに盛り付けられますように!

最後までお読みいただきありがとうございました!

さらに盛り付けのコツを知りたい方へ

盛り付けのNGポイントをクリアできているなら、加点を狙ってステップアップしちゃいましょう。

  • おいしさアップ!4つのポイントでおさえるサラダの盛り付け方
  • 抜け感でおしゃれを作れる!初心者でも失敗しないサラダの盛り付け方

器の選び方について知りたい方へ

盛り付けに欠かせない器については、こちらの記事で解説しています。

  • 「色合い」で決めるサラダの器選び
  • 「高さ」で決める器の選び方
  • 「素材」で決める器の選び方

コメント

タイトルとURLをコピーしました