白は1色じゃない!?色合いで決めるサラダの器選び

サラダ作りのコツ

新鮮な野菜を使って、インスタで見つけたレシピと同じように盛り付けたのに、おいしそうに見えない…。

こんなお悩みにおこたえします。

この記事の内容
  • サラダが垢抜けない原因
  • サラダのタイプ2つと器の色み2色
  • サラダと器の組み合わせで生まれる効果

ナビするのはサラダに夢中なkamai(@kamaivege)です。

kamai
kamai

会社員として働く中、週3回以上はサラダを作って食べており、SNSを通して発信したレシピ数は250を超えました。このブログでは、サラダ作りに関するハウツーやレシピを紹介しています!

自身のサラダ作りを発信する前に、先人のレシピをもとにサラダ作りを探求する日々。プロの料理家さんに限らず、SNSで腕をふるう料理好きさんもたくさんいらっしゃいますよね。しかし、まったく同じように作っても仕上がりが違ってくるという問題に、しばしば直面してきました。そこでサラダの印象を大きく左右する食器の色合いについて切り込んでいきます。

レシピはマネできても、まったく同じ食器は用意できません。それでも、あるコツをおさえるだけでサラダの仕上がりが見違えますよ。

それではいってみましょう!

サラダがイマイチな原因

サラダを盛り付けても「いまいちだな」と感じるのはなぜでしょうか?理由はいくつか考えられます。

  • サラダの食材がくたっとしている
  • いまいちな盛り付け方をしている

こちらの記事でも語っているとおり、おいしさを奪うやってはいけない盛り付け方というのが存在します。

ただ、それらをクリアしてもなおピンとこないなら、土台である食器選びに原因がひそんでいる可能性があります。

そのひとつが、サラダそのものと食器の雰囲気があっていないというものです。

そこで、サラダと食器、それぞれのタイプについて分けて考えてみましょう。

サラダのタイプ

サラダのタイプはこちらの2タイプです。

  • フレッシュなサラダ
  • 温かみのあるサラダ

フレッシュなサラダ

1つ目は、フレッシュなサラダです。

生野菜を中心としたサラダですね。葉物の野菜は青々としていて、野菜全般はピンとハリがあります。

温かみのあるサラダ

2つ目は、温かみのあるサラダです。

野菜に火入れするなど、調理した野菜中心のサラダです。手が加わっているため、くたっとしていることが多いです。主にお惣菜系ですね。

器のタイプ

サラダに対して、盛り付ける器は2種類の色合いに分かれます。

  • 青みのある器
  • 黄色みのある器

ここでは、わかりやすい白系のお皿を例に考えてみます。

青みのある器

1つ目は、青みのある白い器です。言い方を限定するのなら、オフホワイト、ピュアホワイトといった呼ばれ方があります。

青みのある白皿は、ツヤのある磁器に多いです。人気の磁器といえば、北欧食器でしょうか。イッタラのティーマや、ダンスクのビストロやアラビアのトゥオキオなど、青いデザインが入ったものも多いですよね。

ダンスクのビストロ。1人分がちょうどいいんです。

リムが広い大皿では高級感が出ますし、小さくてもきちんと感が出やすいです。一方でシンプルな形だったり、作りがチープだと安っぽく見えやすい一面もあります。

黄色みのある器

2つ目は、黄色みのある白い器です。アイボリー、オイスターホワイトといった呼ばれ方があります。

黄色みのある白皿は、マットな陶器に多いです。質感があるため、親しみある雰囲気や和風になります。洗練されたデザインであれば、高級感も演出できます。一方で、磁器に比べて厚みがあったり凹凸があるものが多く、野暮ったく見える一面もあります。

失敗のないサラダと器の組み合わせ

これらのサラダと食器の組み合わせとして、失敗しにくいものは2通りです。

  • フレッシュなサラダ × 青みのある器
  • あたたかみのあるサラダ × 黄色みのある器

フレッシュなサラダ × 青みのある器

生野菜中心のフレッシュなサラダには、青みのある白皿をあわせます。

明るさのある白は、野菜をイキイキと見せてくれます。野菜はコントラストの大きいハッキリした色合いが多いため、青く澄んだ白皿が野菜の色味を際立たせてくれるんです。

ここで、黄色みのある白皿をあわせてしまうとどうでしょうか?野菜がくすんで見えるため、せっかく作ったサラダはおいしさが半減してしまいます。

あたたかみのあるサラダ × 黄色みのある器

温野菜中心の温かみのあるサラダには、黄色みのある白皿をあわせます。

お惣菜のサラダに目を引かれます。それも、落ち着いた白がひかえめでいてくれるからです。

ここで、青みのある白皿をあわせたとします。すると光が集まる白皿がやけに目立ってしまうため、サラダが浮いてしまいます。料理を盛り付けるお皿が目立ってしまうとは、本末転倒ですよね。

白以外でも使える

白皿に限定して紹介してきましたが、色合いを変えても使えます。このように言い換えることもできます。

  • フレッシュなサラダ × 青みのあるクールな器
  • 温かみのあるサラダ × 黄色みのあるウォームな器

生野菜を使ったサラダなら、ハッキリした色合いですっきりとクールな印象の器。

温野菜を使ったサラダなら、ややぼやけた色合いでやさしくウォームな印象の器。

野菜の印象と器の印象をそろえるだけです。

意図があるなら外しもあり

そうはいっても「フレッシュなサラダには黄色みのあるお皿がダメ」ということではありません。野菜の新鮮さよりも、ほっこりとしたムードを優先させたいということであれば、組み合わせを変えるのもアリです。

例えば、こちらのサラダ。

生野菜を使ったフレッシュなサラダです。本来であれば青み系の白皿を選ぶところ、黄色み系を使っています。

その理由は、新玉ねぎを使って春のほっこりしたムードを出したかったためでした。サラダと皿をあわせることよりも、黄色みのあるお皿を使った全体の雰囲気(演出)に重点を置いています。

大原則として、青系・黄色系の白皿の使い分けを紹介しましたが、なにを優先させたいか?(なにに着目するか?)意識することが重要です。

焦点を当てたいポイントに応じて食器を選ぶと、ストーリーが生まれてステキな一皿に仕上がりますよ。

【まとめ】サラダのタイプと器の色みを統一して雰囲気を出そう

この記事では、サラダの雰囲気にあわせた器づかいについて解説しました。

この記事の内容
  • サラダは大きく2タイプに分かれる
    • 生野菜中心のフレッシュなサラダ
    • 温野菜中心のあたたかみのあるサラダ
  • サラダのタイプに応じて、器の色みをあわせると統一感が生まれる
    • フレッシュなサラダ × 青みのあるクールなお皿
    • あたたかみのあるサラダ × 黄色みのあるウォームなお皿
  • ただし、演出したい雰囲気にあわせてお皿選びをすることが重要。上記の組み合わせにこだわりすぎずOK

器選びを少し気にするだけで仕上がりが変わるという、簡単なのに再現性の高い方法です。やってみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

何色を持つべきか…食器選びに迷っている方へ

食器の色選びで迷っている方は、こちらもどうぞ。

  • 持つべきは○○色!おしゃれに見える食器の色選び【サラダの盛り付け】

コメント

タイトルとURLをコピーしました