サラダをおいしくする秘密は「混ぜ」にある!【サラダ作りのコツ】

サラダ作りのコツ

サラダにドレッシングをかけると味ムラができちゃっておいしくないんだよな。いい方法ないかな?

こんなあなたに、サラダをおいしく仕上げる「混ぜ」のテクニックについて紹介します。

この記事の内容
  • なぜ、サラダを混ぜるとおいしいのか?
  • サラダを混ぜるのに使えるアイテム

ナビするのはサラダに夢中なkamai(@kamaivege)です。

kamai
kamai

会社員として働く中、週3回以上はサラダを作って食べており、SNSを通して発信したレシピ数は250を超えました。このブログでは、サラダ作りに関するハウツーやレシピを紹介しています!

サラダは料理の中でもカンタンなメニューです。だからこそ、ひとつの工程が仕上がりを大きく左右します。

そんなサラダ作りについて調べていくと、どの料理家さんも口を揃えて言うのが「手で混ぜよう」のアドバイスでした。この記事では、その真意について掘り下げていきます。

混ぜのひと手間プラスするだけで、お店で味わうようなおいしいサラダが作れるようになりますよ。

それではいってみましょう!

サラダを混ぜる理由

サラダを混ぜるのは、2つの理由があります。

  • 味ムラの解消
  • 適量のドレッシングを使うため

味ムラの解消

混ぜる理由の1つ目は、味ムラの解消です。

こんな経験ありませんか?

山盛りのグリーンサラダ。ドレッシングをかけて食べたところ、最初は味が濃いのに、徐々に薄まってしまう

器に盛り付けられたサラダにドレッシングをかけるだと、起こりがちな悲劇ですよね。

生野菜を使ったサラダは、多くの空気を含んでいます。単にドレッシングをかけただけでは表面しか味がつきません。平たい葉野菜が重なって層ができるため、ドレッシングが行き渡らないのです。

サラダは最後の調理を託されることが多い

それだったら、お店の人がうまい具合に味付けしてくれたらいいんじゃない?

しかし、ドレッシングが別で添えられてくるパターンってよく見かけませんか?

ここで別の問題が出てきます。「時間とともに野菜はしなびる」という特性です。

野菜がメインのサラダでは、塩味を含むドレッシングをかけた瞬間から水気が出やすくなります。水分量が多い野菜は、しなびていってしまうのです。

そういった事情もあり、ドレッシングをかけずに提供するスタイルもあると思われます。

kamai
kamai

「ドレッシングをかける」調理工程をお客さんに任せてるんだよね。

適量のドレッシングを使うため

もう1つの理由が、適量のドレッシングを使うためです。

サラダは野菜とドレッシングのバランスが大切

こんな経験ありませんか?

レストランで出されたサラダは、ドレッシングが別で添えられていたが、量が足らない

かといって、ドレッシングを自由に使える自宅ではこんなことが起きます。

気づいたら、大量のドレッシング(ボトルの5分の1)も使っていた……!

いやいや、5分の1は言い過ぎでしょ〜!

kamai
kamai

そう思うかもしれないけど、どろりとしたごまドレッシングだとやらかすんだよ〜!

サラダボウルにぐるりとかけるのが大さじ1だとすれば、塩分は1gほどです。

2019年12月発表の厚生労働省のデータによると、健康な成人が目標とすべき塩分の摂取量は、男性が7.5g未満、女性は6.5g未満です。

身体に気をつかっていくら野菜(サラダ)を食べたとしても、ドレッシングのかけすぎで台なしになる危険性をはらむのです。

ドレッシングをかけすぎていないか?バランスを気にしたいですよね。

・・・

このように、味ムラの解消と適量のドレッシングを使うために必要なのが、サラダはあらかじめ混ぜることです。

高級店ほど混ぜたサラダが提供される

レストランのサラダは絶妙な加減で混ぜられている

サラダ専門店でなくても、レストランでどんなサラダが出てくるのか?観察しています。すると、ある共通項が見えてきました。

レストランの価格帯が高くなるほど、混ぜられたサラダが出てくる確率が上がるんです。

プロの手で作られたサラダは、すぐさま食べてくださいと言わんばかりの仕上がり。味、温度すべてが「ちょうどいい」前菜として出され、続くメインディッシュの助走になっているんです。

kamai
kamai

脇役のサラダがおいしいレストランって、メインはまちがいなくおいしいんだよね……!

料理家たちも混ぜることを推奨している

サラダ関連の書籍をとおして料理家さんたちの作り方に着目すると、ある共通点が見つかりました。

それこそ、提供する直前に「野菜とドレッシングを混ぜる」ことだったんです。

サラダの混ぜ方

ではどうやって混ぜたらいいでしょうか?

サラダはmixではなくtossして混ぜる

ポイントは、空気を含むようにやさしく混ぜることです。力を込めてしっかり「混ぜる」よりは、からむように「和える」という表現の方が的確かもしれません。

英語表現だとわかりやすいです。サラダを混ぜるとは「toss the salad.」といい、「mix the salad.」とは言いません。バレーボールを「トス」するように、放り投げるような軽やかなニュアンスの方が適切な気がしますね。

サラダを混ぜる道具

混ぜるのに使うのは、基本的に人の手です。

料理家さんがこぞってすすめていました。力の加減が効きますし、野菜が重なっていないか目をつぶっていたとしても感覚でわかります。人間の手って史上最強のアイテムです。笑

補助アイテムとして、こんなものがあります。

  • ビニール手袋
  • サラダハンド

ビニール手袋を使う

重なっているのもすぐわかります

ただ、ベタベタになりますし、他人に提供するなど素手だと抵抗があるかもしれません。そんなときは、ビニール手袋を使うといいでしょう。

「サラダハンド」を使う

道具を使って混ぜる方法もあります。その調理器具とは、サラダハンドです。

混ぜるだけの専用の道具なんてあるの!?

そう思いますよね、わたしもそうでした。笑

ただ、菜箸は点でつかむので手のようなコントロールはききません。トングにしたって、やはり点でつかんでしまうんですよね。一方、面で野菜に触れるサラダハンドは力が分散されるため、手と同じように軽やかに和えられます。

そして、素手のデメリットをカバーできる利点が1つあります。それは、サラダの温度を下げない点です。

手は温度を持っています。冷えた方がおいしいとされるサラダは、人間の手が触れるほど温度が上がってしまいます。ドレッシングと和えたら時間を置かずに食べたいサラダにとって、冷たさを維持しながら仕上げられるサラダハンドはアドバンテージがあるアイテムなんです。

サラダハンド3選

サラダハンドにはどんなものがあるでしょうか?3つほど紹介します。

1つ目は、料理家・有元 葉子さんが企画したサラダハンドです。

ゆるやかな丸みを帯びたフォルムで、ありそうでないアイテムですよね。ステンレスでできており、スタイリッシュな見た目です。

こちらの本でも登場します。

2つ目は、デキサス(Dexas)のサラダハンドです。

持ち手がグリーンでかわいらしい見た目ですが、プラスチック製でややチープな印象も。

最後は、アルテインオリーボ(Arteinolivo)のサラダサーバーです。

サラダ「サーバー」なので、厳密には取り分ける用途で出されているかもしれません。でも、コレクションしたくなるキッチンスツール!テーブルコーディネイトとしても映えそうなアイテムですよね。

kamai
kamai

オリーブウッドって雰囲気があって、かわいらしいよね…。(うっとり)

【まとめ】提供直前に混ぜて味ムラのないサラダを作ろう

この記事では、サラダをおいしく仕上げる「混ぜ」について紹介しました。

この記事の内容
  • サラダは混ぜることで味ムラがなくなり、おいしさにつながる
  • サラダを混ぜる道具「サラダハンド」を使うと、手の熱を伝えずに冷えたサラダが作れる

混ぜる工程にまでこだわれば、周りから抜きん出たサラダ上級者です!プロ顔負けの雰囲気だって出せちゃいます。笑

それはそうと、おいしいサラダを作ってみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【関連】サラダで使える調理道具をお探しの方へ

なにか使えるキッチンツールがないかお探しの方は、こちらもどうぞ。特にサラダ作りには欠かせない愛用のアイテムをまとめています。

価格帯は500円〜5,000円までのお手頃なものが多いです。

  • サラダ好き愛用の調理道具

コメント

タイトルとURLをコピーしました