即席の手作りドレッシングレシピ3選【自宅の調味料で簡単!】

サラダ作りのコツ

市販のドレッシングはいくつも持てないから、自分で作ろうかな。でもネットに載っているレシピだと、調味料をいくつも使ったり分量がバラバラだから覚えられないよ…。

こんなあなたのお悩みにおこたえします。

この記事の内容
  • 即席の手作りドレッシングレシピ3選
  • ドレッシング作りのコツ

ナビするのはサラダに夢中なkamai(@kamaivege)です。

kamai
kamai

会社員として働く中、週3回以上はサラダを作って食べており、SNSを通して発信したレシピ数は250を超えました。このブログでは、サラダ作りに関するハウツーやレシピを紹介しています!

自分好みに作れるのが手作りのいいところ。でも、ネットや料理サイトに載っているレシピって複雑なものが多いんですよね。調味料をいくつも用意したと思えば、少しずつ分量が違っていたり、、、たまにしか作らないドレッシングレシピって習得にはなかなか至らないですよね。

そこで、レシピの丸暗記に頼らない即席ドレッシングの作り方を紹介します。わたし自身、わずらわしかった部分をできるだけ排除したので、誰でも作れる設計になっています。

ココだけはおさえよう!というポイント1つだけ覚えておけば、安定のドレッシングを作れるようになりますよ。

それではいってみましょう!

即席ドレッシングの組み立て方

ドレッシング作りをなるべく簡単なものにするため、こんなルールでレシピを組み立てています。

  • 包丁や専用家電は使わない
  • 調味料の分量は比率で表す

包丁や専用家電は使わない

すぐにできちゃう「即席」をうたうので、包丁や専用家電を使わない作り方です。

ドレッシングに入れる素材をカットする、青臭さをとるために湯がく、ブレンダーで攪拌する、、など。手の込んだものほど雑味が減ったり、深みが出るものです。ただ、今回は「難しい工程なしにすぐにできちゃう!」ことを大切にしています。

調味料の分量は比率で表す

調味料の分量は比率で表すことです。

なぜ比率かといえば、家庭料理では大さじ・小さじやグラム数などの的確な表記はかえって複雑になるためです。

というのも、普段の料理シーンではレシピどおりにすると量が多すぎるなど調整したい場合ってありませんか?半分の量でドレッシングを作りたい場合、「小さじ2/3」「大さじ1と1/4」などかかれていると、途端に計算が複雑になってしまいます。

しかし、比率で表されるとシンプルになります。もっとも少ないものを1として考えるので、これを小さじ1とするか大さじ1とするかで他の調味料もコントロールしやすいのです。なんなら、手元のティースプーン1杯や、小皿にたらりと1回垂らすのを基準にもできます。

どんなサイズのスプーンでも対応できます

即席!手作りドレッシングのレシピ

早速ですが、レシピを紹介します。ここでは3つです。

  • シンプルな基本のドレッシング
  • ごまベースのドレッシング
  • しょうゆベースのドレッシング

シンプルな基本のドレッシング

1つ目は、シンプルな基本のドレッシングです。

調味料と分量はこちら。(カッコ内の数字は比率)

  • オリーブオイル(3)
  • 米酢(1)
  • 塩(少々)

作り方は、基本的にこれらを混ぜるだけです。強いて順番をあげるなら、オイルを最後にすると混ざりやすいですよ。

作り方
  • 米酢と塩を混ぜる
  • オリーブオイルを加えて混ぜる(オイルが最後)

ドレッシングの3要素である、オイル・お酢・塩を混ぜただけの一番シンプルな形です。

ここでは、オイルとお酢の扱いだけを覚えます。

オイルはお酢の3倍入れる!

この比率がドレッシングの王道比率です。料理人によっては4倍量にするのも見かけます。酸味の好みや体調によって調整してみてくださいね。

ごまベースのドレッシング

2つ目は、ごまベースのドレッシングです。

調味料と分量はこちら。(カッコ内の数字は比率)

  • 米油(3)
  • 米酢(1)
  • すりごま(3)
  • 砂糖(1)
  • しょうゆ(1)

ごまをメインに仕上げる形です。

この調味料を見て感づいた方もいるかもしれません。いわゆる、ごまあえの和え衣をベースにしています。

作り方は、基本的に混ぜるだけです。和え衣を先に作って味を見てから、お酢・オイルを加えると味が調整しやすいです。

作り方
  1. すりごま、砂糖、しょうゆを混ぜる
    〜 味のバランスを見る 〜
  2. 米酢を加えて混ぜる
    〜 味のバランスを見る 〜
  3. 米油を加えて混ぜる(オイルが最後)

ということで、覚えるのはこちらだけ。

ごまあえの黄金比に、ドレッシングのベースを加える!

お酢とオイルを除けばごま和えです。酸味と油分を加えることで、一皿がサラダとして成立するんですよ。クリーミーな市販のドレッシングに比べると、甘さひかえめで素朴な和風ドレッシングとして仕上がります。

しょうゆベースのドレッシング

3つ目は、しょうゆベースのドレッシングです。

調味料と分量はこちら。(カッコ内の数字は比率)

  • 米油(3)
  • 米酢(1)
  • しょうゆ(1)
  • 酒(1)
  • 砂糖(1)

やっぱり、オイルを最後にして混ぜます。

作り方
  1. しょうゆ、酒を混ぜる
  2. 砂糖を加えて混ぜる(固形の砂糖がなくなるまで)
  3. 米酢を加えて混ぜる
    〜 味のバランスを見る 〜
  4. 米油を加えて混ぜる(オイルが最後)

ポイントは、お酒を入れることです。

えっ、料理酒をそのままドレッシングに入れちゃうの?

そう思われる方もいるかもしれません。でも、これが案外いけるんです。

というのも、しょうゆをベースに組み立てると塩味が強すぎるのです。塩味は甘みのお砂糖で対処せず、薄めることで存在感を和らげます。つまり、希釈の役割がお酒なんです。

ちなみに、しょうゆをお酒で希釈する方法は、料理家・樋口 直哉さんから教わりました。

冷奴の基本〜豆腐は食べる20〜30分前に準備する〜|樋口直哉(TravelingFoodLab.)|note
夏の夕方。すこし風が出てきて、幾分涼しくなってきたかな、という時期に食べる冷奴は格別。冷房のない時代は夏の涼味の一つとして、親しまれたのでしょう。冷奴はわりと難しい料理です。簡素なものほどおいしくつくるのは難しい。最大のポイントは〈温度〉にあります。 冷奴には木綿豆腐でも絹ごし豆腐でもどちらの豆腐もあいます。しかRead more...

冷奴も、しょうゆ:お酒=1:2にすると塩味の加減がちょうどいいんですよ!

ということで、覚えるのはこちらだけです。

酒で希釈したしょうゆと砂糖を使って、和風に仕上げる!

しょうゆベースですが、砂糖が入ることであまじょっぱく仕上がるのがこのドレッシング。そこで、ピリッと辛いかいわれ大根が入ったサラダにおすすめです。

ドレッシング作りのコツ

オイルを最後に混ぜる点も含めこちらの3つを心がけると、おいしくサラダがいただけます。

  • オイルは最後に混ぜる
  • 調味料はよく混ぜる
  • 食べる直前にサラダへかける

詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

  • 徹底解説!グリーンサラダの作り方

自作でドレッシングを作ってみたいなという方には、役立つヒントをこちらに載せています。

  • たった3つでできる基本ドレッシングの作り方

【まとめ】即席の手作りドレッシングでサラダを食べちゃおう

この記事では、自宅の調味料で作れちゃうドレッシングの作り方について紹介しました。

この記事の内容
  • 即席の手作りドレッシングレシピ3選
    • 基本のドレッシング
    • ごまベースのドレッシング
    • しょうゆベースのドレッシング
  • ドレッシング作りのコツ
    • オイルは最後に混ぜる
    • 調味料はよく混ぜる
    • 食べる直前にサラダへかける

手作りドレッシングを料理に取り入れると、特定の味付けに縛られなくなるため食卓の幅が広がります。少量から試せる気軽さもあるので、失敗を怖がらずに試してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【関連】ドレッシング作りに必要な調理器具

ドレッシング作りに欠かせない調理道具については、こちらで紹介しています。

  • サラダ好き愛用の調理器具

コメント

タイトルとURLをコピーしました